洗って綺麗にしたい|クイーンベッドやシャンデリア!生活レベルは上昇

洗って綺麗にしたい

部屋

洗濯について

おしゃれな遮光カーテンですが、遮光効果があるだけでなく空間デザインにマッチしたカーテンでもあります。そんなおしゃれな遮光カーテンですが、洗濯できるかどうかが気になるものです。もちろん洗濯することはできますが、注意点があります。

できるか確認すること

遮光カーテンですが、洗濯できるものとできないものがあります。そのため、購入前には洗濯できるかどうか確認が必要になります。洗濯できる遮光カーテンには、洗濯表示と水洗い可能の表示がされているので、それをチェックしましょう。

洗濯しない方がいいもの

洗濯に向いていない遮光カーテンですが、これは上記にある洗濯表示などがないもの、洗濯不可と注意書きされているものが該当します。洗濯に向いていないものを洗ってしまうと、遮光加工部分のコーティングがはがれてべたべたするなどがあります。

遮光カーテンの洗濯

一番初めは洗濯表示の確認を

遮光カーテンには洗えるものとそうでないものがあるので、まず始めは洗えるかどうか洗濯表示の確認をしましょう。できるものには洗濯機や手洗いなどと書いていますが、できないものにはドライやドライセキユ系などの表示があります。できないものはクリーニングに出して綺麗にしましょう。

表示に従って洗う

洗えることが確認できたら、洗濯表示にしたがって洗っていきます。ドライやドライセキユ系はクリーニングに出す方がベストではありますが、洗濯機マークがあれば自分でも洗濯ができます。洗う際には、カーテンフックの取り外しを忘れないように注意しましょう。

注意点について

遮光カーテンの洗濯ですが、注意点があります。それは洗う時間です。洗濯表示の通りに洗ったと言っても、はじめのうちは縮んでしまうことがあります。縮みがひどくならないようにするためには、水洗いの時間は短めにしましょう。

ポイントなどを抑えて洗おう

おしゃれな遮光カーテンだけでなく、洗濯の流れや注意はすべての遮光カーテンに該当する事柄です。加工部分の劣化、縮みなどを避けるためには、洗濯表示以外のポイントもしっかり抑えることが必要になってくるのです。