取扱いや購入などの事情

照明

色と形について

昔ながらの照明器具にシャンデリアがあります。そんなシャンデリアですが、色とりどりもしくは二色づかいのカラーシャンデリアが存在します。カラーシャンデリアも空間づくりに大変役立っています。どんなものがあるか見ておくといいでしょう。

READ MORE
部屋

洗って綺麗にしたい

おしゃれな遮光カーテンですが、洗い方を間違ってしまうと台無しになってしまいます。これは見た目だけでなく、遮光効果にも言えることです。見た目も遮光効果も台無しになってしまわないように、正しい洗い方をチェックしましょう。

READ MORE
寝室

大きいベッドを使う

ベッドの大きさにも種類が複数あり、そのうちのひとつにクイーンベッドがあります。クイーンベッドの横幅はシングルベッドの約1.5倍の大きさになっていて、とても広いベッドです。そんなクイーンベッドの寝具類について見ていきましょう。

READ MORE
照明

雰囲気づくりにシャンデリア

沢山ある照明器具ですが、シャンデリアを使用するという人も大勢います。シャンデリアは昔からある照明器具で、デザインや電球にも変化が出てきています。そんなシャンデリアは照明器具の専門店やインテリアショップで購入されています。

READ MORE

色んなインテリア

クイーンベッドなどの寝具、シャンデリアをはじめとする照明器具などいろんなインテリアがあります。生活のためだけでなく、空間づくりのために取り入れられていることがあります。これはカーテンも同様です。また、カーテンには遮光カーテンというものがあります。

遮光カーテンの特徴

目的について

遮光カーテンですが、これは名前からイメージしやすいように光を遮る効果を持ったカーテンです。日の光をさえぎるだけでなく、熱も遮ることができるので省エネにも役立っています。おしゃれな遮光カーテンもあり、部屋の雰囲気づくりを損なうことはありません。

紫外線も防ぐ

遮光カーテンですが日の光や熱だけなく、紫外線も遮ってくれます。紫外線は肌への悪影響のみならず、部屋の変色の原因にもなります。そのことを考えると、遮光カーテンは取り入れておきたいアイテムだと言えるのです。

気軽に購入できる

遮光効果を持っているということから、高価なものではないかと思われています。実際は異なります。遮光カーテンも普通のカーテン同様にお手頃価格で購入することができますし、いろんなデザインのおしゃれな遮光カーテンがたくさんあります。

寝坊というデメリットがある

日の光を遮ってくれることから安眠効果のある遮光カーテンですが、逆にそれが原因で寝坊してしまうというデメリットがあります。ですが、これは遮光カーテンのレベルを下げることで解決することができます。遮光効果が一番高いのが1級なので、それ以外のものを選ぶといいでしょう。

取扱いや選び方

ベッド

カーテンの色選びについて

遮光カーテンを含め、すべてのカーテン選びで気を付けたいことがあります。それは色の選び方です。色の選び方に失敗してしまうと「これじゃない!」となってしまうので、そうならないように部屋に合ったカーテンの色を選ぶようにしましょう。

部屋の色を把握する

カーテンの色選びに失敗しないようにするためのポイントですが、まずは自分の部屋の色を把握することです。部屋の色によって相性が決まってきますので、しっかり確認しましょう。また、カーテンの色は差し色と言われているアクセントカラーで考えるといいでしょう。
そうすることで、引き締めを作ることができます。

色の種類について

部屋とカーテンの色ですが、組み合わせが無難なものがあります。それは同一色と類似色です。これらが無難と言われているのは、色の性格が似ているものを取り入れているということにあり、色の選択で失敗することが少ないのです。